産後、椎間板ヘルニアから坐骨神経痛に…

産後、椎間板ヘルニアから坐骨神経痛に…

産後、赤ちゃんがよく泣き、毎日抱っこの時間がとにかく多かったのです。

しかもうちの子は大きめでした。

ベビーカーにもなかなか慣れてくれず、泣かれるのが辛くて、家事するときも、常に抱っこしていました。

子供が6カ月の頃、腰痛が始まったのです。

始めは、腰が痛む程度だったのですが、徐々に痛みがひどくなり、とうとう朝起きることが辛くなりました。

朝、起きれないという状態になったのは、初めてでした。

起き上がるのに1時間ぐらいかかり、そのまま病院でレントゲンをとってもらった結果、「椎間板ヘルニア」と診断されました。

お尻の付け根から、足の指先までしびれが止まらず、何をするのにも痛みました。

椎間板ヘルニアから「坐骨神経痛」になっていたのです。

本当に涙が出るほどの痛みでした。正直、出産よりよっぽど辛かったです。

3カ月のハリ治療と抱っこ禁止という、安静にするという処置で、驚くほど良くなりました。

また、痛み止めの処方もしてもらい、その時を乗り越えました。

椎間板ヘルニア自体は治ってはいないと思いますが、坐骨神経痛が治っただけでも良かったです。

今、考えると坐骨神経痛は、本当に地獄でした。何もしないのに痛むのです。

今後は筋肉をちょっとずつ増やし、絶対に患わないようにしたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする