原因不明の腰痛、実は…

原因不明の腰痛、実は…

20代後半の時です。仕事中突然激しく腰がズキっと痛み、すぐに整形外科を受診しました。

医師の診察を受け、レントゲンを撮ってもらいましたが、腰の骨には何の異常もありませんでした。

その日はリハビリ室で腰を温めすぐに楽になったので、仕事中に腰に負担がかかるような動き方でもしたのだろうと考えました。

数週間後、私は健康診断で産婦人科を訪れたのですが、そこで子宮に大きな筋腫があることが判明。

医師から「生理前にお腹が張ったり、腰に痛みを感じることはありませんか?」と聞かれそこで初めて腰痛の原因がわかりました。

腰痛と聞くと椎間板ヘルニア、ぎっくり腰などを疑い何の迷いもなく整形外科を受診しましたが、まさか婦人科の病気だったとは思いもしませんでした。

産婦人科では、生理痛が酷い場合に飲めるようにと薬を処方されましたが、私は薬の副作用がつい気になりよほどの痛みがない限り薬は飲みませんでした。

その代わりにお腹の張りと腰痛が起きたときには、やけどしない程度の熱いお湯で蒸しタオルを作り、ビニール袋に入れて痛みのある箇所をじっくり温めました。

これで痛みはだいぶ軽減されました。

腰の痛みに冷えは良くないと聞いてからは、腹巻きや毛糸のパンツを使用して外出先でもしっかり温めるようにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする