まさか!お尻が痛いのは実は腰痛が原因だった!?

まさか!お尻が痛いのは実は腰痛が原因だった!?

尻もちをついたような、とにかく表現するならお尻のお肉の周りが痛い‥‥

そんな経験、皆さんはありますでしょうか??

私はスポーツ系の専門学校を卒業しているのですが、その講義の一つににカイロプラクティックがありました。

カイロプクティックとは、アメリカで創始された手技療法であり、筋肉や骨の障害を取り扱う頸椎の健康増進.維持療法です。
(残念ながら日本では資格制度が認められていない為、民間療法になりますが‥‥)

学生時代は動いているせいか、痛みに気づくことはありませんでしたが、卒業して就職し、結婚と同時に仕事を辞めて動かなくなってから、時々眠れない程の痛みに襲われることがありました。

その痛みも、神経痛を体感されてる方ならわかりやすいかと思いますが‥‥

なんとも鈍いと言いますか。

唸る程でもないし、我慢は出来るけど気持ち悪い痛みで、日常生活‥‥特に睡眠障害を引き起こすこともありました。

その時までお尻ぶつけたのかな?

とか

足でも疲れたのかな?

とか‥‥

腰が原因だとは微塵も感じていませんでしたし、坐骨神経痛なんて言葉、耳にしたことあるなー!

くらいで、どんな意味なのかさえも知りませんでした。

ふと、学生時代の恩師に会う機会があり、笑いながら上記の症状を話したところ、腰痛の治療で有名な先生がいる整骨院を紹介されてそこに行くように言われました。

実際に行ってきてやったことは‥‥

歪みや左右対称のズレ、本来あるべき状態から自分の身体がどれだけ歪み、ズレてるかを写真と数値、図解で出します。

自分の全身写真に数値と線が引きてある状態なので、歪みやズレが一目瞭然です。

そこで初めてお尻の痛みの原因を知りました。

原因は腰なんですね。

しかも、首からくる腰痛‥‥

強いて腰の異常を言うなら、足を同じ方向で組み過ぎた為か、捻れてました‥‥

写真でわかるのも辛いですが。

なので、体の歪みを治療する骨盤矯正で正してもらうべく通いました。

身体をいじる‥‥今ある現実を正常に戻そうとしても身体は怒ると言いますか‥‥

現状を崩させないようにという、身体の防御本能なんでしょうね‥‥熱を出します。

というより、熱を出しました。

それから数回治療を受けているうちに熱は出さなくなり、お尻の痛みも軽減されてきました。

初めの1ヵ月派週1回、次の月から2週間に1回と徐々に減り、最終的には月1回のメンテナンスで良くなりました。

身体の歪みは日常生活で少しずつ崩されたり、逆に改善したりすると思います。

どのように日常生活を過ごすかにもよりますが、お仕事の関係でしたりと、この様に生活するのが望ましい‥‥という理想があっても実行不可能な方がほとんどだと思います。

ですが、日常生活を過ごす上でお尻や太もも、足にかけて痺れや痛みを感じることがあるならば、それは坐骨神経痛かもしれません。

我慢をせず、一度診てもらうことをオススメします。

痛いのは仕方ないではなく、治る‥‥

もしくは軽減するかもしれない!そういう考えで前向きに生活できたらいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする