腰痛になってしまう原因

腰痛になってしまう原因

腰痛は若い頃はあまりなる事はありませんが、年齢を重ねてくると腰痛になってしてしまう事が多くなってしまいます。

腰痛になってしまうと立っているだけでも辛いという事があるので、生活に支障が出てしまう事も少なくありません。

そのためなぜ腰痛になってしまうのか原因を見ていく事にしましょう。

腰痛になってしまう原因で一番考えられるのが姿勢の悪さでしょう。

特に前屈みになってしまうと猫背の姿勢になるので腰の筋肉に負担がかかってしまいます。

そのため背筋をしっかり伸ばして正しい姿勢を心掛けるという事が大切になってきます。

肉体労働など腰の筋肉を頻繁に使うのも腰痛になってしまう原因の一つです。

特に腰の筋肉を酷使してしまうと負担がかかってしまうのはもちろんですが、筋肉系のトラブルが起きてしまう事もあります。

それにより激しい痛みを伴ってしまうという事もあるので腰の筋肉を使った時はストレッチやマッサージなどをしてメンテナンスするという事も大切です。

年齢を重ねてくると加齢は進んでしまい腰の筋肉も次第に衰えてきてしまいます。

そのため上半身を支える時の腰に負担がかかってしまって腰痛になってしまう事があります。

そのため適度に運動をするようにして腰の筋肉を鍛えておくというのも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする