腰痛を酷くしない為には普段のケアが大切

腰痛を酷くしない為には普段のケアが大切

私は、若い時から腰痛持ちです。

なので、どうしたら腰痛が起こりにくいかを常に考えてきました。

そして、若い時には度々ぎっくり腰になって寝込んでましたが、今、四十代ですが、ぎっくり腰には二十年くらいなってません。

それだけ、日頃のケアが大切だという事だと思います。

実際、何をしているかというと、簡単な事ばかりです。

一つは、少しでも腰の調子が悪いと感じたら、湿布を貼ってコルセットを着ける事です。

その為には、湿布は常に常備しておく事です。

二つめは、中腰の姿勢をあまりしない事です。

しゃがんで何かをする時は、腰を下げた方が腰に負担がかからないんです。

特に、重い物を持ち上げる時は、要注意です。

三つめは、腰の体操をして、筋肉をほぐすと同時に鍛える事です。

これは、五分程度でいいと思いますが、毎日欠かさず続ける事が大事です。

私がしているのは、腰を回す体操や、思いっきりひねったりする体操です。

した瞬間から、ほぐれて行くのが実感できると思います。

そして、腰周りがこんなにも凝っていたのかとびっくりすると思います。

嬉しい事に、腰回しの体操は、ウエストシェイプにもなります。

いい事づくめで、ほぐれていく感じが気持ちいいので、私も毎日欠かさずやっています。

これらの事を実行していると、寝たきりになるほどの腰痛には、ならないのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする