原因不明の腰痛!内臓と関係ある腰痛とは?

原因不明の腰痛!内臓と関係ある腰痛とは?

痛い腰に悩む人にとって、原因がはっきりしない症状を非特異的腰痛と呼びます。

実は、非特異的腰痛にかかっている方がなんと85%いるそうです。たくさんいることになっていますね。

非特異的腰痛は病名ではなく、症状を表す名前として呼びます。

原因は、どこからくるのか?ということですが、はっきりした原因がわからないそうです。

病院へ行っても、お医者さんに見せても、はっきりできない原因であれば、非特異的腰痛ということになります。

治す方法は、内服薬と外用(湿布・塗り薬)が一般です。

また、慢性的な腰痛であれば、ストレッチと筋肉増強を組み合わせた運動法を行うとよいそうです。

昔は安静が必要でしたが、今は予防策として、運動法をおすすめしているところもあります。

しかし、内臓と関係ある腰痛も否定できません。

胃腸の不調により疲労物質がたまり、腰痛につながる可能性があることもあげられます。

また、便秘も同じ様です。胃腸の動きに関係深いということなので、内臓の病気を持っている方も、腰痛をもってるかもしれません。

非特異的腰痛は内臓のほか、精神的な原因もつながっています。

うつ病や、精神的な疲労をともなって、腰痛を引き起すことがあります。

治す時に、内臓の原因であれば、内臓の病気を治す。

精神的な原因であれば、心理的に治すというふうに、治す道をつくってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする