坐骨神経痛は、まず安静と消炎鎮痛剤

坐骨神経痛は、まず安静と消炎鎮痛剤

腰痛の中でも、坐骨神経痛の痛みを経験される方が多いと思います。

坐骨神経痛は、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎分離すべり症や腰部脊柱管狭窄などの腰椎背骨の腰の部分に起こる異常によって坐骨神経が圧迫・刺激されることで、臀部から大腿、下腿、足の指先までに痛みやしびれなどの症状を起こします。

鋭い痛みやしびれ、下腿の張り、冷感、灼熱感、締めつけ感などの症状は、足の一部分だけに強く感じることもあれば、足全体に強く感じる場合もあります。

症状の軽いものから、重いものまで、痛み以外に特に臀部にしびれが伴っていることが特徴的です。

痛みが強いと歩くことが困難となり、力が入らなかったりします。

まず痛みの激しい時には、体を動かさない様にすることが大切です。

コルセットをするのも良いです。最も楽な姿勢でいることが一番なのです。

痛み止めは飲みたくないと言われる方もありますが、医師が処方する痛み止めは消炎鎮痛剤で、 炎症を治す効果も持っているので、痛み止めを飲みましょう。

坐骨神経痛の方は、腰椎の神経圧迫部分に常に強い炎症を発生しています。

炎症は近くの神経を興奮させ、感覚を過敏にさせる特徴があるので、感覚が過敏になると、普段なら何でもないような弱い刺激でも座骨神経痛の方は、さらに悪化しやすくなるので骨盤矯正を受けると危険です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする