本当に苦痛だった腰痛と坐骨神経痛のダブルパンチ!!

本当に苦痛だった腰痛と坐骨神経痛のダブルパンチ!!

若い頃にぎっくり腰になって30数年経った頃、右足に少し違和感を感じるようになりました。

腰痛の方は一時期、整形外科に通ったおかげか次第に治り、時折違和感を覚える時はストレッチなどをして誤魔化していました。

そんなある日、駅へ向かう狭い歩道を歩いていると、急に右足に針を刺すような痛みが走り、力が抜けたような感じになり一歩も歩けなくなりました。

びっくりしてその場にしゃがみ込んでしまいましたが、次第に痛みも治り力が入るようになって何とか駅まではたどり着くことができました。

その日の午後、いつもの整形外科に行き、状況報告すると座骨神経痛だと言われました。

そして、20分くらいのカイロプラクティック治療を受け、数日続けてみましょう、とのことでした。

3回ほど通って右足の違和感はなくなりましたが、その後も時折違和感を感じることがありました。

そんな時は、自分なりのストレッチで何とか痛みに進行しないようしています。

自分なりに効果があると思っているのは、いわゆる「がに股」の姿勢で屈伸運動をすることです。

これをすると、時にパキッと言う音がして右足の股関節が正常な位置に収まったような気がします。

そして楽になるのです。

以来、この屈伸運動を続けています。

また、坐骨神経痛は腰痛が原因とのことで、バランスボールを使ってのストレッチも続けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする