腰痛と坐骨神経痛、その違いと対処方法について

腰痛と坐骨神経痛、その違いと対処方法について

腰痛とは、長時間同じ姿勢でいるなどして筋肉がこわばった際、腰の周辺に起こる痛みです。

それに対して坐骨神経痛は、腰だけでなくお尻から太ももや足にかけても痛みがあらわれます。

坐骨神経というのは末梢神経のひとつで、下半身の運動に関する信号がすべてここから伝達されています。

下半身全体に通っている坐骨神経が何らかの原因で圧迫されると、腰だけでなく足の先まで広い範囲で症状があらわれるのです。

下半身の全体または一部に激しい痛みを感じ、安静にしても症状は治まりません。

腰痛も坐骨神経痛も、病名ではなく痛みの症状をあらわす言葉で、坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が原因になっていることが多いと言われています。

坐骨神経痛で病院へかかる場合は整形外科を受診しますが、それ以外でも、日常生活で無理して重い物を持ったり長時間同じ姿勢でいることを避けることが改善につながります。

また、体操で腰の筋肉を鍛えることで、坐骨神経痛だけでなく腰痛も予防することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする